【ストック映像素材】動画素材販売しています。

3DCG関連

スポンサードリンク

【ストック映像素材】動画素材販売しています。

2018.04.26

皆様お久しぶりです。
当ブログの更新はほぼ一ヶ月ぶりと言ったところでしょうか。
現在私は新しいパートナー先を開拓しながら
自社サービスの育成に取り組んでいます。

前回も少しご紹介したかと思いますが、
先月からミライグラフィックスという
名義でCG映像素材を販売しております。
現状では販売のためのサイトなどは特に立ち上げてないので、
当ブログで再度取り上げたいと思います。

というわけで、興味の有る方が居るかは分かりませんが
今回は前回より少し詳しく説明してみます。

どのストック素材サービスで取り扱っている?

現在、Adobe StockPIXTA
MotionElementsで動画素材を販売しています。
Shutterstockでも販売したいのですが、
審査がややシビアなので自信作が出来るまで
現状の販売サイトで品数を増やしていこうかと。。

また何か動きがあったらお知らせしたいと思います!

URLはそれぞれこちらから

◆Adobe Stock:
https://stock.adobe.com/jp/contributor/207583574/mirai-graphics

◆PIXTA:
https://creator.pixta.jp/@mirai-graphics

◆MotionElements:
http://www.motionelements.com/ja/artists/mirai-graphics

将来的にはサイトを立ち上げて、
そこからパッケージ等で販売できれば
売れた分全て自分の売上になるので
美味しいと思いますが、ビジネス的に
非常に難しいので当面はストックサイトからの
販売になります。

素材を販売しようと思ったきっかけ

前回と内容が若干重複する説明になりますが、
現在私はWebサイトやアプリのUI制作などの
業務委託で生計を立てています。

ただ、受注案件だけだと時期によってどうしても
忙繁、閑散の波が出てきてしまいます。

そのため今後はそれに加えてストック型の
自社サービスとして長期的に取り組んで
いけるものは無いかと思っていました。

私は元々CGクリエーター志望だったのですが、
学校を出てからも個人的な趣味として
CG映像の作成に取り組んでいました。
ここ最近それを趣味で終わらせるのは勿体無いなぁと感じていたので、
素材として販売できれば自社サービスとして
長期的に取り組めるのではないかと考えたのが
主なきっかけだったりします。

使用ツール

◆Maxon CINEMA4D R19
◆Adobe Aftereffects CC2018
◆Adobe Photoshop CC2018

自宅と作業場にあるPCをフルに使って映像素材を作成しています。
最終的には2000点アップするのが目標です。

傾向

トレンドとして売れやすい動画の傾向はありますが、
自分がそれを作って売れる可能性があるかどうかは
未知数な印象です。

なので、取りあえず販売件数が増えれば
単純にユーザーの目に触れる回数も増えるので
その乗数効果を狙っていこうかと思っております。
2000点はその目安と言ったところですかね。

課題

課題としては素材1本あたりの
レンダリングにすごく時間がかかるので、
一日で作り出せるのがせいぜい2日で1本程度なところで、
早急な設備の増強がしたいところです。

とは言え予算に余裕のない現状なので、
現状は時間を作って一つずつ作成していくしかありません。

まとめ

継続は力なので応援してください!

以上、ケートミィのブログでした!

コメントを書く







コメント内容


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【3DCG】CINEMA 4D R19が届いた

2017.10.07

皆様こんにちは
Webデザイナーの富田です。

ここ最近は所属先への現在取引のあるお客様の引き継ぎなどで何かとバタバタとしております。
それに合わせて当ブログの更新頻度も今後はもう少しゆっくりした公開ペースになっていくと思います。
とは言え、一ヶ月以上間隔が開かないように調整したいとは思いますが。

えー、趣味にハマることを沼と言いますが、
カメラや趣味の道具、サブカルチャーその他諸々などにどんどんお金をつぎ込んでいくことをそう言うらしいです。
そう考えると、僕は3DCG沼に片足を突っ込んでいる状態と言えます(;´∀`)

というわけで少し前の話にはなりますが、自宅にCINEMA 4Dの最新版「CINEMA 4D R19」が届いたのでそのことをブログに書いてみようと思います。

CINEMA 4Dって何?

CINEMA 4Dはドイツにあるマクソンコンピュータから発売されている3DCG作成ソフトのことです。
基本的にレンダリングが高速で動作が安定しており、Aftereffectsなどの映像系のツールと相性がよく、映像界隈でよく使われています(褒めちぎる
一昔前は知る人ぞ知るソフトでしたが、最近はアニメ制作にも使われるようになったので以前よりかは有名になったのでは無いかと思います。
特に有名なところでは「アイアンマン」のスーツ内のUI描写や「けものフレンズ」に全編にわたって使用されていますね。

CINEMA 4Dは基本的にとっつきやすいUIなので、AEユーザーで3DCGに興味がある方にはオススメのソフトです。
その上Aftereffects CC以降を使用しているとCIMNEMA4D LITEという無料バージョンがインストールできるので、そこからのアップグレードだと少しオトクに購入出来ます。

そして、CINEMA 4DにはMSA契約という年間パスのようなサービスが有り、
一定の金額を支払うと毎年新しいバージョンが届きます。

MSA契約・有料!

年間47,000円の契約料で私が使用しているCINEMA 4DのBroadcastバージョンなら毎年新バージョンがご利用可能です。
このあたりは使うバージョンによって価格が前後します。フルセットのStudioバージョンだったら確か年間72,000円ぐらいだったと思います(;´∀`)

まぁ、費用のことばかり言ってもしょうがないですが。

新機能のご紹介

メインUIで黄色くハイライトされている部分がR19の新機能です。

前のバージョンの時より新機能が幾つか追加されているのですが、
すべて紹介しているとキリがなさそうなので気になる新機能をいくつかピックアップしてみようと思います。

オブジェクト周りの新機能

ボノロイ分割の強化

ボノロイ分割とは

各ポリゴンをボノロイ図の計算式に基いて分割していく方式です。
参考→Wikipedia:ボノロイ図とは?

これを使うとモデリングの手間を省いて簡単にひび割れた面が作成可能なので、何かと重宝しています。

新機能としてディテール付加というメニューが追加になりました。

ボノロイ分割されたオブジェクトにひと工夫加えることが出来るようになりました。
ノイズ設定で破断面に様々な効果を掛けることが出来るようになったので、よりリアルなひび割れ効果が簡単に出せるようになりました。

画像は立方体のオブジェクトに左から「Box Noise」「Dents」「FBM」「Naki」というノイズ効果を加えたものです。
それぞれサイズ、強度を設定できるので細部までこだわって効果の調整が出来るようになっています。

レンダリング周りの強化

CINEMA 4DR19にはProrenderという新しいレンダラーが採用されています。
このレンダラーはプレビュー画面でリアルタイムなレンダリング結果を出力してくれるので、ちょっとした確認のためのレンダリングによる待ち時間を大幅に削減することが出来ます。

ただ、ProrenderはAMDのRadeonのGPUを搭載されたビデオカードのためのシステムなので、
Quadroとはどうも相性が悪いようです。
テスト機はやや旧式のQuadro搭載ノートだったので、AMDのFire ProシリーズなどAMD製のGPUが搭載されたマシンかあるいは最新のQuadroを搭載したデスクトップ機なら十分なパフォーマンスが発揮出来るかもしれません。

※Prorenderを利用するにはOpenCLランタイムのインストールが必要になります。

総評

学生時代を含め今までMaya2011とBrender、Shadeなどを使用してきましたがCINEMA 4Dが一番扱いやすい3DCG作成ソフトだと思います。
ただ自分は本業で3Dソフトを利用しているわけでは無くあくまで趣味止まりなので、本業の方からはそうじゃないよ等のツッコミがあるかもしれません(*_*;

3DCGは趣味で取り組むには高価なソフトが多いですがBlender等の無料のソフトもあるし、長くじっくりと取り組む趣味としては最適だと思うので、気になる方は体験版からインストールしてみると新しい世界が開けると思います。
体験版は日数制限はありますが機能は無制限に利用できますので、是非落としてみて下さい。

体験版ダウンロードはこちらから

コメントを書く







コメント内容


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Advertisement